一般社団法人鈴鹿青年会議所

第54代理事長所信

第54代理事長 多田 尊

【はじめに】

私 が 挑 戦 を 続 け た い と 考 え る 様 に な っ た の は こ こ 数 年 の 話 で す 。 そ の き っ か け と な っ た の は 京 都 会 議 の 帰 路 車 中 で の 話 、 彼 と の 出 会 い は 私 の 人 生 を 加 速 さ せ ま し た 。 『 私 は 今 あ な た に 何 を 伝 え 、 教 え ら れ る か わ か ら な い 。 こ ん な 私 で す が 支 え て 欲 し い 。 チ ャ ン ス は 常 に 転 が っ て お り 、 自 分 次 第 で 成 長 出 来 る 事 が き っ と あ る は ず 。 共 に 見 つ け ま し ょ う 』 彼 は 声 を 嗄 ら し 、 私 に 訴 え か け た の で す 。 今 思 え ば そ の 一 言 が 私 に と っ て 大 き な 学 び で あ り 、 成 長 で し た 。 声 を 嗄 ら し 訴 え か け る 彼 と 対 峙 し た 私 は 、 『 至 誠 』 と い う 言 葉 を 頭 の 中 だ け で 解 釈 し て い た の で は な い か と 見 つ め 直 す 機 会 を い た だ い た の で す 。 彼 の 情 熱 を も っ て 誠 心 誠 意 訴 え か け る 姿 が 、 ど こ か 冷 め た 気 持 ち で い た 私 の 心 を 動 か し た の で す 。 人 と 誠 心 誠 意 向 き 合 っ て い く な か に 情 熱 を 注 ぐ こ と に よ っ て 想 い に 応 え て く れ る 人 が 現 れ 、 私 の 人 生 が 加 速 し 始 め た の で す 。 私 に は こ の よ う な 出 会 い が あ り ま し た 。 人 生 を 変 え 得 る メ ン バ ー が 鈴 鹿 青 年 会 議 所 に は い ま す 。 そ の よ う な 『 鈴 鹿 青 年 会 議 所 の 仲 間 』 と 共 に 地 域 に 必 要 と さ れ る 団 体 と し て 、 失 敗 を 恐 れ ず 強 い 信 念 で 邁 進 し 続 け る 団 体 で あ る と 強 く 信 じ ま す 。

【今 を 駆 け る 青 年 の 未 来 創 造】

未 来 を 創 造 す る 力 と は 組 織 の 生 産 性 を 高 め 、 新 た な 挑 戦 に 至 る 糸 口 に 触 れ 、 新 た な 展 開 の 可 能 性 を 増 や す 事 で す 。 生 産 性 の 高 い 組 織 は 様 々 な 要 素 か ら 成 り 立 っ て い ま す が 、 総 じ て 共 通 す る 事 は 個 々 の 能 力 を 発 揮 さ せ る 環 境 の 構 築 が な さ れ て い る 組 織 で す 。 す な わ ち 自 由 な 発 言 や 自 由 な 行 動 が で き 、 暗 黙 の ル ー ル と し て の 決 ま り を 押 し 付 け る の で は な く 、 自 然 に そ の よ う な 雰 囲 気 が 醸 成 さ れ て い る 組 織 で す 。 そ の 人 と 人 の 関 わ り か ら 生 ま れ る 力 こ そ が 、 未 来 を 創 造 す る 原 動 力 と な り ま す 。 ま た 新 た な 挑戦 の 機 会 、 糸 口 に 触 れ る 事 が 大 切 で す 。 そ の 糸 口 と い う の が ス ケ ー ル メ リ ッ ト で す 。 ス ケ ー ル メ リ ッ ト に 触 れ る 事 で 、 よ り 大 き な 課 題 が 解 決 さ れ 、 よ り 大 き な 機 会 を 掴 む こ と が 出 来 ま す 。そ れ に よ っ て 新 た な 展 開 の 可 能 性 が 増 え 、 未 来 を 切 り 開 く 力 とな る の で す 。

そ し て 現 在 は 過 去 に 立 脚 し て い ま す 。 過 去 に は 様 々 な 事 績 や 起 源 や 、 ア イ デ ン テ ィ テ ィ と い っ た 未 来 へ 繋 い で いく べ き も の が あ り ま す 。 そ う し た 根 源 的 な 事 柄 を 継 承 し 未 来 を 築 い て い く 必 要 が あ る の で す 。

人 と 人 の 関 り か ら 生 ま れ る 力 を 原 動 力 と し 、 ス ケ ー ル メ リ ッ ト に 触 れ 、 我 々 の 根 源 た る も の を 継 承 し 、 未 来 を 創 造 し て 参 り ま し ょ う 。

【信 頼 す る 仲 間 と 磨 く 資 質 の 向 上】

自 身 の 誇 り は な ぜ 生 ま れ た の か 。 そ れ は 背 負 う も の が そ こ に あ り 、 そ の 背 景 に は 仲 間 の 想 い が 折 り 重 な っ て い る か ら で す 。 背 負 う も の が あ る か ら こ そ 強 い 信 念 を 原 動 力 に 行 動 す る の で す 。 そ の 様 は 見 て い る 者 を 惹 き つ け る 、 魅 力 に 溢 れ た 信 頼 で き る 人 の 姿 で す 。 社 会 を 変 革 し 持 続 可 能 な 社 会 を 構 築 す る 為 に は 、 魅 力 的 な 運 動 を 行 わ な く て は な り ま せ ん 。 そ の 為 に は 地 域 の 需 要 を 調 査 探 求 し 、 産 学 官 民 金 と 連 携 す る 事 に よ り 社 会 へ の 影 響 が 高 ま り ま す 。 そ し て 行 動 計 画 及 び 期 待 さ れ る 効 果 を 見 据 え た 展 開 を 行 い 、 資 源 を 集 結 さ せ 支 援 を 募 り な が ら 事 業 計 画 を 遂 行 す る 事 が 必 要 で あ り 、 そ れ こ そ が 持 続 可 能 な 社 会 の 構 築 を 行 う 事 の 出 来 る 人 材 に 必 要 な 資 質 で す 。

信 頼 で き る 人 足 り 得 る 質 を 備 え 、 持 続 可 能 な 社 会 の 構 築 を 行 う 事 の 出 来 る 資 質 を 備 え た 、 次 代 を 切 り 開 い て い く 青 年 経 済 人 の 姿 を 追 求 し て 参 り ま し ょ う 。

【共 感 と 共 鳴 が 織成す 地 域 戦 略】

あ ら ゆ る も の が 直 接 つ な が る ソ ー シ ャ ル ネ ッ ト ワ ー ク 。 直 接 的 な 体 験 や 関 係 に よ っ て 生 み 出 さ れ た 価 値 は 新 た な 商 品 や 取 り 組 み を 創 造 す る だ け で な く 、 大 き な 共 感 を 生 み 出 し ま す 。 体 験 を フ ッ ク に 消 費 者 の 興 味 や 共 感 を 得 て 、 ユ ー ザ ー 視 点 で の モ ノ づ く り か ら 生 ま れ る 製 品 の 開 発 。 そ こ か ら 生 ま れ る ス ト ー リ ー を
演 出 す る 事 で 、 感 情 移 入 が 起 り 熱 狂 的 な フ ァ ン を 獲 得 し ま す 。 既 存 の 枠 か ら 物 事 を 考 え る 体 制 か ら 脱 却 し 、 ニ ー ズ を 直 接 受 け と め ス ト ー リ ー を 演 出 し 、 運 動 を 行 う 事 の 出 来 る プ ロ デ ュ ー ス 力 の あ る 「 人 材 」 が 人 々 の 心 を 動 か し ま す 。

共 感 を 生 み 出 す 力 で 新 た な 仲 間 を 募 り 、 次 代 の ス ト ー リ ー を 紡 い で 参 り ま し ょ う 。

【つ な が り が 生 み 出 す 強 い 組 織 】

理 想 的 な 青 年 経 済 人 の 姿 は 、 限 ら れ た 財 源 や 資 源 を マ ネ ジ メ ン ト し 成 果 を 上 げ る 事 で す 。 青 年 会 議 所 に は そ の 為 の ル ー ル や シ ス テ ム が 存 在 し ま す 。 ル ー ル や シ ス テ ム は 効 率 を 上 げ る 為 に 活 用 す る ツ ー ル で す 。 時 間 や 人 的 資 源 を 積 極 的 に マ ネ ジ メ ン ト す る 事 が 、 会 議 の 質 を 高 め 運 動 や 活 動 の 質 を 高 め る と い う 成 果 を 上 げ ま す 。 そ し て 地 域 に 寄 与 す る 団 体 と し て 社 会 的 責 任 を 果 た す こ と は 必 要 不 可 欠 で す 。 法 令 の 遵 守 は 勿 論 、 運 営 に お け る 財 務 体 制 の 透 明 性 を 確 保 す る 事 が 求 め ら れ ま す 。 そ し て 社 会 的 変
革 を 促 す 団 体 と し て 関 係 各 所 と の 連 携 は な く て は な り ま せ ん 。 地 域 と 互 い を 必 要 と す る 関 係 を 築 き 、 社 会 に よ り 良 い 変 化 を も た ら し て 参 り ま し ょ う 。

資 源 を マ ネ ジ メ ン ト し 効 果 を 上 げ る ル ー ル や シ ス テ ム の 活 用 、 社 会 的 責 任 を 全 う す る 透 明 性 の あ る 財 務 体 制 、 関 係 各 所 と の 良 好 な 関 係 構 築 を 基 軸 と し 、 地 域 の 信 頼 を 得 て 社 会 的 変 革 を 行 う 推 進 力 を 高 め る 組 織 運 営 を 行 っ て 参 り ま し ょ う 。

【5 5 周 年 準 備 室】

我 々 は 諸 先 輩 方 を は じ め 行 政 や 地 域 協 力 団 体 と 共 に 運 動 を 展 開 し て 参 り ま し た 。 我 々 が 今 運 動 や 活 動 が 出 来 て い る の は 諸 先 輩 方 の 社 会 変 革 に 対 す る 熱 い お も い と 、 地 域 と の 信 頼 関 係 構 築 に お け る た ゆ ま ぬ 努 力 が あ っ た か ら で す 。 新 た な ス テ ー ジ へ 向 か う べ く 鈴 鹿 青 年 会 議 所 の 歴 史 を 紡 ぎ 、 新 た な 土 台 と な る も の が 必 要 で す 。 不 易 流 行 を ビ ジ ョ ン と し て 掲 げ 運 動 や 活 動 を 行 っ て き た 5 年 間 に お け る 成 果 、 運 動 の 社 会 的 意 義 。 そ し て 青 年 経 済 人 と し て の 成 長 の 検 証 を 行 い 、 進 歩 の 礎 を 築 き ま す 。 ま た 我 々 が 今 後 展 開 し て い く 運 動 が 時 流 に 即 し た も の で あ る 為 に 、 情 勢 の 変 化 を 捉 え る 事 が 必 要 で す 。 テ ク ノ ロ ジ ー の 進 化 や 価 値 観 の 変 化 と い っ た 社 会 的 要 因 を 踏 ま え 、 地 域 の 持 続 可 能 性 を 模 索 す る 事 に よ り 、 道 標 を 創 り 上 げ 新 た な 時 代 を 切 り 開 く 先 駆 け と な ら な け れ ば な り ま せ ん 。 諸 先 輩 方 の 足 跡 を 辿 り 、 不 易 流 行 の ビ ジ ョ ン を 進 歩 の 礎 と し て 総 括 し 、 時 流 に 即 し た 新 た な 道 標 を 示 し 、 未 来 を 探 求 し て 参 り ま し ょ う 。

【む す び に】

青 年 会 議 所 は 上 質 な 場 所 を 提 供 し て く れ ま す 。 青 年 会 議 所 と の 出 会 い は 私 た ち の 人 生 に 彩 り を 与 え て く れ て い ま す 。 す べ て は 全 国 各 地 、 世 界 各 地 で 信 用 を 積 み 重 ね て き た 、 青 年 会 議 所 の 歴 史 の お か げ で す 。 願 え ば 願 う だ け 成 長 の 機 会 が 約 束 さ れ て い る 質 の 高 い 団 体 は 、 自 ら の 成 長 を 願 う 若 者 に 、 分 け 隔 て な く 開 か れ て い る べ き で す 。 そ し て そ の 機 会 を 提 供 す る 事 は 我 々 の 使 命 で あ り ま す 。

青 年 会 議 所 の 可 能 性 を 追 求 し 、 全 体 拡 大 を 推 し 進 め 、 新 た な 青 年 会 議 所 の 仲 間 と 共 に 魅 力 あ る 団 体 と し て の 価 値 を 高 め て 参 り ま し ょ う 。