一般社団法人鈴鹿青年会議所

カテゴリー: お知らせ

2022年度6月度例会、鈴鹿青年会議所創立55周年記念式典・祝賀会

◎2022年度6月度例会、鈴鹿青年会議所創立55周年記念式典・祝賀会◎

2022年6月19日(日)、コンフェット鈴鹿平安閣・鈴鹿サーキットホテルにて
一般社団法人鈴鹿青年会議所創立55周年記念式典・祝賀会を開催致しました。

———————
2022年度スローガン
「存在意義~創立からのおもいと歴史を胸に、輝く未来を~」
過去には感謝を、現在には信頼を、未来には希望を
———————

一般社団法人鈴鹿青年会議所は、1968年に日本で382番目の青年会議所として、諸先輩方の熱きおもいと高い志により設立されました。

築いていただいた礎は、多くの諸先輩方の弛まぬ努力と情熱ある活動を経て、本年で55周年を迎えることができました。また、関係諸団体の方々や鈴鹿の地域住民の方々からは、ご理解とご協力をいただいてきたことに深く感謝いたします。

この55年間で作り上げてこられた数々の運動は、今も多くが地域に根付き、まちを活性化させてきました。しかし、2020年より世界中に蔓延した新型コロナウイルス感染症は、鈴鹿のまちからも灯を無くし、人々の表情に影を落としました。
その中でさらに世界情勢が緊迫した状況となっていき、これからの未来を不安におもう気持ちが生まれています。
このような社会状況だからこそ、我々青年会議所は、創立より不変である使命を果たし続けるべく、新たな運動を作り出していくことが必要です。

本年度は、「存在意義~創立からのおもいと歴史を胸に、輝く未来を~」をスローガンに掲げ、
会員が一丸となり挑戦し続けることで、鈴鹿市の輝く星となれるよう邁進してまいります。

結びとなりますが、本日はご多用の中、創立55周年記念式典並びに祝賀会にご臨席賜りまして誠に有難うございました。
今後ともより一層のご指導とご鞭撻を賜りますよう、心よりお願い申し上げ、挨拶に代えさせていただきます。

一般社団法人 鈴鹿青年会議所 第55代 理事長
岡田 篤典

——————————-
事業名:創立55周年記念式典事業

事業要綱

●事業実施に至る背景

鈴鹿青年会議所は本年で創立55周年を迎えるにあたり、これまで鈴鹿青年会議所活動や運動にご尽力いただいた諸先輩方、そして鈴鹿青年会議所運動にご協力をいただいた様々な関係者へ新たな運動指針の発信を行うことが必要です。

●事業の対象者

対外対象者:

・来賓           29名
・歴代理事長        43名
・鈴鹿青年会議所特別会員 144名
・青年会議所関係団体    39名
・合計          255名

対内対象者:

・鈴鹿青年会議所正会員   56名

●事業目的 (対外)

今後の鈴鹿青年会議所運動に対してご賛同を得ることを目的とします。

●事業目的 (対内)

式典を通じて鈴鹿青年会議所会員が一つになることを目的とします。

——————————
事業名:創立55周年記念祝賀会

事業要綱

●事業実施に至る背景

鈴鹿青年会議所がこれからも我がまちの発展に向けて積極的な運動を行うには、ご臨席いただいた地域の方々とさらに強い関係性が必要です。

●事業の対象者

対外対象者:

・来賓           29名
・歴代理事長        43名
・鈴鹿青年会議所特別会員 144名
・青年会議所関係団体    39名
・合計          255名

対内対象者:

・鈴鹿青年会議所正会員   56名

●事業目的 (対外)

鈴鹿青年会議所運動に理解と、感謝を込めて運動発信している姿をみていただき、
共感していただくことを目的とします。

●事業目的 (対内)

地域の方々と交流を行い、つながりを深めることを目的とします。

——————————-
事業要綱

●例会テーマ
「~過去があっての“今”そしてこれから先へ~」

●事業実施に至る背景
鈴鹿青年会議所のさらなる飛躍に向けて、これまで行ってきた運動に対するおもいを受け継ぎ、一つ一つの機会を全うする必要があります。

●事業の対象者

対外対象者:なし
対内対象者:鈴鹿青年会議所正会員56名・研修会員

●事業目的 (対外)

なし

●事業目的 (対内)

鈴鹿青年会議所の歴史をはじめ、活動や運動の軸を理解するとともに、会員一人ひとりが青年会議所活動や運動に対して、熱い気持ちをもって、積極的な姿勢で取り組むことを目的とします。

——————————-

重ね重ねになりますが、ご臨席頂きましたご来賓の皆様、歴代理事長・特別会員の皆様、お祝いにお越しいただきました各地青年会議所の皆様、この場をお借りしまして、深く御礼申し上げます。

2022年度5月度例会について

2022年度5月度例会◎

2022514日(土)

当事業へご参加頂きましたお子様並びに保護者の皆様ありがとうございました。

楽しんで頂けたお声と共に、我々としましても非常に実りある経験の機会を頂けたことに心より感謝致します。

(有)ドリーム・ファームスズカ様

(株)ワイテックサービス様

開催に伴うご協力ありがとうございました。

今後とも一般社団法人鈴鹿青年会議所を宜しくお願い致します。

例会テーマ

「田んぼでトライ!」

事業実施に至る背景

現代では、子どもと大人の関わり方に変化が生じ、情報化、人々の生活様式の多様化、地域コミュニティへの意識の衰退、大人優先の社会風潮などの状況がみられます。地域の子どもと大人は互いに成長し合い、未来を描ける人材がより多く必要です。

事業の対象者

対外対象者:小学1年生から小学3年生

対内対象者:正会員及び研修会員

事業目的(対外)

感謝の心を養い、自尊感情を高めることを目的とします。

事業目的(対内)

大人が子どもに対して、より多くの選択肢を与えられるようになることを目的とします。

OB交流会事業(歴代理事長座談会)について

◎OB交流会事業(歴代理事長座談会)◎

2022年4月23日(土)

各歴代理事長をお招きしての
OB交流会事業(歴代理事長座談会)をコンフェット鈴鹿平安閣にて開催いたしました。

ご参加、ご協力頂きました歴代理事長の皆様、ありがとうございました。

●事業名
OB交流会事業(歴代理事長座談会)

●事業実施に至る背景

鈴鹿青年会議所は時代に合った運動を展開してきており、この先も理想を掲げ運動を展開していかなければなりません。そのためにも諸先輩方から多くの情熱を吸収する必要があります。

●事業の対象者
対外対象者: 鈴鹿青年会議所OB歴代理事長
対内対象者: 鈴鹿青年会議所正会員 47名

●事業目的(対外)
現役当時の経験や情熱をメンバーに伝えていただくこと目的とします。

●事業目的(対内)
諸先輩方の経験やおもいを知り、これからの運動や活動に対する気持ちをより高めることを目的とします。

2022年度4月度例会

◎2022年度4月度例会◎

2022年4月12日(火)

外部講師 川北 輝(かわきた あきら)氏をお招きしての
4月度例会を開催いたしました。

●事業実施に至る背景

時流の早い現代において、地域社会や周囲のことをより積極的に自分事として捉えなれければ自身の知識や経験を活かしていくことはできません。我々は身近なものから興味関心をもち、他者の状況や要望を汲み取れる人材である必要があります。

●事業の対象者
対外対象者:無し
対内対象者:正会員

●事業目的(対外)
無し

●事業目的(対内)
新たな気づきを得る意欲を向上することを目的とします。

●本例会の位置付け
価値創造委員会では、一年を通じて鈴鹿青年会議所の団結力をさらに高め、新たな魅力を発信することができる個の資質を生み出すことができるよう運動を展開していきます。本例会では、我々会員が新たな気づきを得られるよう、身近なものから興味関心を持つことの大切さを理解し、会員それぞれが持つ関心を共有することで会員一人ひとりの知見を広げ、活動への意識を高めていただきます。

●例会テーマ
「知見を広げる」

2022年度3月度例会

◎2022年度3月度例会◎

2022年3月11日(金)

安心安全なまちにとって重要な防災の観点から2022年度3月度例会を行いました。

3月11日、東日本大震災から11年が経ちました。
お亡くなりになられた方々のご冥福を謹んでお祈りいたしますとともに、ご遺族の皆様、今も避難生活を余儀なくされている被災者の皆様、被災地の皆様に心よりお見舞いを申し上げます。

また、被災地の一日も早い復興と、被災された皆様の心の平穏ができる限り早く取り戻されることを、心よりお祈り申し上げます。

—–

●事業実施に至る背景

昨今の地域社会では、人々が繋がる機会が減っており、まちへの関心も低下する中で、自身が暮らす地域環境への慣れが生じています。そのため、地域を活性化させていくために必要な「個の意識、地域住民の主体性、地域間の繋がり」が低下しています。しかし、地域住民がその地域を良くしたいと思う気持ちは紛れもなくあり、我々会員自身がまずその想いを高め、地域に伝え、共に支え合えるまちを作る必要があります。

●事業の対象者

対外対象者:社会福祉法人鈴鹿市社会福祉協議会
対内対象者:正会員及び研修会員

●事業目的(対外)

より強固な組織間の結び付きを実感してもらい、今後の災害時における連携強化を目的とします。

●事業目的(対内)

自助共助の意識をもち、率先して行動できる自主性をもってもらうことを目的とします。

●本例会の位置付け
地域活性委員会では、1年を通じて魅力溢れる安心安全な地域づくりを行い、地域の活力をあげていく活動を行っていきます。本例会では、安心安全なまちにとって重要な防災の観点から例会を行います。まずは地域住民の防災意識を高め、地域の基盤強化に繋がるための取り組みを行います。

●例会テーマ
「備えあれば患いなし!!」

2022年度2月度例会について

◎2022年2月10日(木)◎

2022年度2月度例会をZOOMによるWEB開催しました!

●事業実施に至る背景
人の価値観が多様化する現代において、他者を理解する思考は個々の経験や情報収集の利便性などが含まれることから理解し合うことは難しい傾向があります。個性を尊重する中で価値観を共有し互いを認めることができる人材をより多く社会に輩出することが必要です。

●事業目的(対内)
それぞれが持つ個性を見出すことを目的とする。

●本例会の位置付け
価値創造委員会では、一年を通じて鈴鹿青年会議所の団結力をさらに高め、新たな魅力を発信することができる個の資質を生み出すことができるよう運動を展開していきます。本例会では、会員それぞれの価値観を共有し、会員一人ひとりの個性を見出すことを目標に行います。

●例会テーマ
「良いとこ気づこ」

2022年度新年総会について

2022年度新年総会◎

2022119日(水)

2022年度新年総会を新型コロナウイルスの感染拡大防止を考慮して、ZOOMを使用したWEB開催としました。

当日は、2021年度収支決算をはじめとする、複数議案の審議を始め、2022年度の委員会・出向者紹介、2021年度理事長への感謝状贈呈、2021年度卒業生への記念品贈呈等を行いました。

また、

鈴鹿市長 末松 則子 

鈴鹿商工会議所会頭 田中 彩子

OB会長 倉田 吉彦 先輩

よりご祝電を頂戴し、代読にて披露させて頂きました。

いよいよ、2022年度の幕開けです!

本年度も鈴鹿青年会議所をよろしくお願いいたします。

 

出向者を励ます会について

01月15日(土)志摩の地にて、

に日本青年会議所東海地区三重ブロック協議会

「出向者を励ます会」が開催されました。

当日は日本青年会議所本会、東海地区そして三重ブロック協議会

へ出向される方の紹介が行われました。

出向先の皆様、本年度も鈴鹿青年会議所をよろしくお願いいたします。